丸吉食堂のここが自慢!

高足ガニ料理

世界最大のカニ・高足ガニを食べるなら、丸吉におまかせを!
店内の大きな生簀で活かしたタカアシガニは、すぐに調理。鮮度抜群のタカアシガニが堪能できます。

高足ガニをまるごと蒸し焼きにする理由や、漁をする時の話、不思議な生態などをこっそり教えます。
高足ガニの秘密にふれれば、ますますおいしく味わえるかも!

駿河湾の恵みを紹介

沼津市戸田港で水揚げされた豊富な海の幸を、手頃な値段で!

絶品!深海魚料理

駿河湾のトロール漁で獲れた、めずらしく、おいしい深海魚を味わえます。 淡白でさっぱりとした味わいの深海魚は、刺身や煮付けで。深海エビは、焼物や天ぷら、刺身でお楽しみください。


本物の高足ガニを、丸吉で堪能してみてください。

高足ガニは、日本近海の深海に生息する巨大なカニで、主にトロール船による深海底引き網漁と、深海かご網漁で水揚げされます。
もっとも高足ガニの旨さがわかる食べ方は、蒸し焼き。
カニみそが溶け出しにくく、旨みを保ったまま食べることができます。
高足ガニのカニみそは、とても濃厚でクリーミーな深い味わいで、ほかのカニと一線を画す旨みは絶品です。
脚を焼いて食べると、旨みが凝縮されておいしく、刺身にすると、さっぱりとしていてクセのない味わいが楽しめます。
高足ガニの旨みと天然の塩味がミックスされる天ぷらもおすすめです。

一匹一匹、肉の質も味も違う高足ガニの調理には、熟練の技を持った料理人の確かな目と腕、経験がものを言います。
まずは一度、本物の高足ガニを、丸吉で堪能してみてください。

高足ガニを食べたい!

高足ガニを丸ごと一匹蒸し上げにするのはなぜ?
それは「カニミソ」と関係があります。 タラバやズワイと違い、高足ガニはカニミソの量が多く、かにみその量と質を守るため、時間をかけて調理する必要があります。よりカニミソが溶け出さず、うま味を保ったままご提供できる、それが「一匹蒸し上げ」の良さなのです。
高足ガニの味噌の味はどんな感じ?
蒸し上げされた味噌は、コクとうま味たっぷりな味噌です。ものによっては少し苦味がある味噌もあります。その量は、他のカニとは比べ物にならないほど大量です。
色はカニによって異なり、こげ茶色のものから黄色のものまでさまざまです。
カニミソが好きな方は、ぜひ高足ガニの芳醇な味噌をご堪能ください。
高足ガニの食べ方いろいろ
高足ガニの食べ方として最も一般的なのは、「蒸して食べる」。これが一番、高足ガニのうまさがわかると思います。
次に、「脚を焼いて食べる」。高足ガニのうま味が濃縮されて、なかなか良いです。
そして、「天ぷら」。高足ガニのうま味と、天然の塩味がミックスされ、おいしいです。
「刺身」は、さっぱりとして、クセのない味わいです。
他には、身をほぐしてまんじゅうの具にする、カニコロッケにする、はんぺんに入れるなどがあります。
美味しい高足ガニに出会うには?
高足ガニは、獲れる時期や漁場によって、身質やカニミソの味、色、質などがそれぞれ違います。
また寒くなると、カニミソたっぷりの高足ガニが獲れるようになります。おいしい高足ガニを食べるには、事前に情報を仕入れ、予約されるのが一番確実な方法です。

高足ガニのことを知りたい!

高足ガニの不思議なこと
獲れたカニは、不思議とオス、メスが混じり合っていることは少なく、ほとんどがどちらかに偏っています。オスの場合は全部オス、メスの場合は全部メスというように。オスとメスは、一緒に行動しないものと思われます。
高足ガニの成長の話
高足ガニは、成長速度がとても遅いといわれています。小さい時は年に何回も脱皮するそうですが、大きく成長するにつれ、脱皮の回数が減ってくるそうです。そしてある一定の大きさ、年齢に達すると、脱皮はしなくなるそうです。しかしながら、年に何回かは、全長3mクラスの高足ガニが水揚げされています!
高足ガニ漁
高足ガニは、主にトロール船による深海底引き網漁と、深海かご網漁で水揚げされます。 底引き網漁の漁場は水深200~400メートルほどで、深海エビや深海魚などと一緒に水揚げされます(9月~5月)。
かご漁は大きなかごにマグロの頭などの餌を入れ、水深400~600メートルで漁をします。底引き漁と比べると、かなり深い所です(漁期短くて12月~2月)。獲れる高足カニも底引き漁のカニとは、若干違いがあるようです。

高足ガニ料理メニュー

深海魚はとても貴重です。
予約が必要だったり、その日の仕入れ状況によってお出しできるかどうか決まることも。
ふらりと立ち寄って、仕入れやおすすめを聞いてからメニューを決めるのも、丸吉の醍醐味の一つです。

新鮮な高足ガニを、丸ごと一匹蒸し上げ!10,000円(税別)~25,000円(税別)

戸田港で水揚げされた新鮮な高足ガニを蒸かし、柔らかな身とコクのあるカニ味噌を たっぷりと味わっていただく、当店の1番人気メニューです。
よりカニミソが溶け出さず、旨みを保ったままお出しできる、それが「一匹蒸し上げ」です。

蒸し上げを堪能!タカアシガニフルコース

  • ・高足ガニの蒸し上げ
  • ・刺身
  • ・天ぷら
  • ・焼きガニ
  • ・手長エビ(塩焼きまたは刺身)
  • ・赤ムツ(塩焼き、刺身または煮魚)
  • ・高足ガニコロッケ
  • ・高足ガニ雑炊
  • ・デザート
2名様13,000円(税別)
3名様以上12,000円(税別)

※上記料金は、1名様あたりの料金です。


刺し、揚げ、焼きもうまい!
刺身

さっぱりとした味で、くせがありません。

天ぷら

高足ガニ本来のおいしさと天然の塩味が、絶妙にミックスされています。

焼き

高足ガニの旨みが凝縮された、深みのある味わいです。

高足ガニ定食4,800円(税別)〜

高足ガニ、舟盛、酢の物、ライス、汁物の付いたリーズナブルなお値段のサービスメニューです。高足ガニを堪能したい方は、まるごと一匹をおすすめします。

高足ガニコロッケ500円(税別)〜

数量限定。高足ガニたっぷりのカニコロッケです。サクッとした食感に、口いっぱいに広がる旨み…おすすめの一品です。

高足ガニ天丼1,600円(税別)〜

高足ガニ、エビ、深海キス、野菜など天ぷらのボリュームたっぷりのお得なメニューです。

高足ガニ雑炊800円(税別)〜

季節限定。カニ風味たっぷりの雑炊です(要予約)。

高足ガニ天ぷら2,500円(税別)〜

タカアシガニの足(2本)と野菜の天ぷらの盛り合わせ(要予約)。


Please savor authentic japanese spider crab at Marukichi.

Japanese spider crab is a large crab that lives in the depths of the coastal waters of Japan. It is mainly caught by deep sea trawl fishing with trawlers and deep sea cage net fishing. The best way to eat japanese spider crab to experience its deliciousness is by steaming. This makes the fat of the crab less likely to dissolve and so you can eat it with its deliciousness retained. The fat of japanese spider crab has a very rich and deep creamy flavor. This is an exquisite dish with a deliciousness distinguished from other crabs. The deliciousness is condensed by cooking and eating its legs while you can enjoy a mild and refreshing taste by eating it as sashimi. We also recommend tempura which mixes the japanese spider crab’s deliciousness and natural saltiness.

The reliable eyes, abilities and experience of skilled chefs are required to cook japanese spider crabs for which each one has a different meat quality and taste. First, please make sure to savor authentic giant spider crab at Marukichi.

I want to eat giant spider crab!

Why do you steam giant spider crabs whole?
This is related to the fat of the crab. Unlike red king crab and snow crab, giant spider crabs have large amounts of fat. Therefore, it is necessary to cook over time to protect the quantity and quality of this fat. The benefit of steaming giant crabs whole is that it is possible to provide them with their deliciousness retained without their fat having dissolved.
What is the taste of the fat of japanese spider crab like?
The steamed fat is rich in taste and deliciousness. Depending on the crab, the fat may also have a slightly bitter taste. The quantity of this fat is so large it cannot be compared to other crabs. The color varies depending on the crab, but ranges from dark brown to yellow. If you like crab fat, please savor the mellow fat of japanese spider crab.
Various Ways to Eat Japanese Spider Crab
The most common way to eat japanese spider crab is to steam it. We think this is the best way to eat it and understand the deliciousness of japanese spider crab. The next best way is to cook and eat its legs. This condenses the deliciousness of japanese spider crab and is quite good. Another way to eat it is as tempura. This tastes great because it mixes the japanese spider crab’s deliciousness and natural saltiness. Japanese spider crab sashimi has a mild and refreshing taste. In addition, it is also possible to scoop out the meat and use it as the filling of steamed buns, croquette or pounded fish cake.
How to Find Good Tasting Japanese Spider Crab
The quality of the meat, and the flavor, color and quality of the fat of japanese spider crab depend on the season in which it is caught and where it is caught. It becomes possible to catch japanese spider crab with plenty of fat when it becomes cold again. The most reliable way to eat good tasting japanese spider crab is to stock up on information in advance and make a reservation.

I want to learn about giant spider crab!

Mysterious Thing about Japanese Spider Crabs
When japanese spider crabs are caught, there is mysteriously little mixing between males and females. They tend to be either all males or all females. If you catch a male, it is likely all the others will be male; if you catch a female, it is likely all the others will be female. It seems that males and females do not hang around each other much.
Story of the Growth of Japanese Spider Crabs
It is said that giant spider crabs have a very slow growth rate. They shed their shells several times a year when they are young. However, as they get older, the number of times they shed their shells decreases. They stop shedding their shells altogether once they reach a certain size and age. Nevertheless, giant spider crabs with an overall length in the three meter class are caught a number of times a year!
Japanese Spider Crab Fishing
Japanese spider crabs are mainly caught by deep sea trawl fishing with trawlers and deep sea cage net fishing. Trawl fishing grounds are at a depth of about 200 to 400 meters and the crabs are caught together with deep sea shrimp and deep sea fish (September to May). In cage fishing, bait such as the tuna heads are put inside large cages and then dropped to a depth of 400 to 600 meters. Compared with trawl fishing, this is extremely deep. (The fishing season is short – from December to February.) Japanese spider crabs are also slightly different to trawl fishing crabs.

Japanese spider crab Food Menu

Deep sea fish are very precious. It is necessary to make a reservation and it depends on the stock on the day as to whether or not it will be possible to serve them. One of the real pleasures of Marukichi is deciding on the menu after dropping by to ask about stock and recommendations.

Fresh Japanese spider crab Steamed Whole!10,000 yen (excluding tax) to 25,000 yen (excluding tax)

This is the most popular item on our menu. We steam a fresh giant spider crab caught at Toda Harbor so you can taste plenty of its tender meat and rich fat. Steaming it whole allows us to serve it with its deliciousness retained without its fat having dissolved.

Savor Steamed! Full Course of Giant Spider Crab


*The images are for illustrative purposes only.

  • ・Steamed giant spider crab
  • ・Sashimi
  • ・Tempura
  • ・Grilled crab
  • ・Freshwater prawn (Grilled with salt or served as sashimi)
  • ・Rosy seabass (Grilled with salt, served as sashimi or boiled)
  • ・Giant spider crab croquette
  • ・Giant spider crab rice gruel
  • ・Dessert
for two people13,000 yen (excluding tax)
for three people or more12,000 yen (excluding tax)

*The above prices are those per person


Delicious as Sashimi, Tempura or Grilled!
Sashimi

This has a refreshing flavor and mildness.

Tempura

This is an exquisite mix of the great taste inherent in giant spider crab and the natural saltiness.

Grilled

This has a deep taste that condenses the deliciousness of giant spider crab.

Giant Spider Crab Set Meal4,800 yen (Excluding tax)〜

This is a reasonably priced service menu that comes with giant spider crab, boat-wrap sushi, a vinegared dish, rice and soup. We recommend a whole giant spider crab if you wish to savor it.

Giant Spider Crab Croquette500 yen (Excluding tax)〜

This is only available in a limited quantity. This is croquette with plenty of giant spider crab. This provides deliciousness that spreads out over your whole mouth with a crunchy texture. This is a recommended dish.

Giant Spider Crab Tempura Rice BowlFrom 1,600 (Excluding tax)〜

This is a bargain dish with plenty of giant spider crab, shrimp, deep sea sillago and vegetable tempura.

Giant Spider Crab Rice GruelFrom 800 yen (Excluding tax)〜

This is only available depending on the season. This is rice gruel with plenty of crab flavor. (A reservation is required for this dish.)

Giant Spider Crab TempuraFrom 2,500 yen (Excluding tax)〜

This is a platter of tempura of two legs of giant spider crab and vegetables. (A reservation is required for this dish.)


欢迎来丸吉品尝正宗的甘氏巨螯蟹。

甘氏巨螯蟹是栖息于日本近海深海中的巨大螃蟹,主要利用拖网渔船向深海海底撒网后,通过深海渔网进行打捞。
可让您尽情享受甘氏巨螯蟹鲜美风味的方法是干蒸。
蟹黄不易外溢、可保持鲜美风味。
甘氏巨螯蟹的蟹黄风味醇厚,具有令人回味无穷的口感,其他螃蟹无法比拟的鲜美风味堪称绝品。
将蟹脚清烤后品尝,鲜美风味更加醇厚可口,如果刺身,还可享受更加新鲜的完美风味。
甘氏巨螯蟹的鲜美口感和天然盐味打造的天妇罗也是值得推荐的一品。

烹制每只肉质及风味都各具特色的甘氏巨螯蟹,需要厨师具有娴熟的技术和专业眼光及技能和经验。
先请您来丸吉品尝一下正宗的甘氏巨螯蟹。

想吃甘氏巨螯蟹!

为什么要将整只甘氏巨螯蟹完整干蒸?
那是因为与“蟹黄”有关。与帝王蟹或松叶蟹不同的是,甘氏巨螯蟹具有大量的蛋黄,为了防止蛋黄量外溢并确保肉质鲜美,需要花费时间蒸制。可防止蛋黄溶化外溢并保持鲜美口感,这就是“整只干蒸”的好处。
甘氏巨螯蟹的蛋黄风味如何?
蒸熟的蛋黄口感醇厚。有时可能会有些苦味。从蛋黄量来看,其他螃蟹无法比拟。
每只螃蟹的蛋黄颜色不同,有深棕色、也有黄色等各种颜色。
喜欢吃蟹黄的顾客请务必感受一下甘氏巨螯蟹的醇厚蛋黄风味。
甘氏巨螯蟹的品尝方式多种多样
最常见的甘氏巨螯蟹品尝方式是“干蒸”。这种方式最易感受甘氏巨螯蟹的鲜美风味。
其次是“蟹脚”。甘氏巨螯蟹的鲜美风味得到浓缩,不错的口感。
此外,还可以制成“天妇罗”。甘氏巨螯蟹的鲜美口感和天然盐味浑然天成,鲜美可口。
“刺身”也可以为您带来清爽的鲜美口感。
其他还包括用蟹肉作为包子馅、制作蟹肉饼、加入鱼肉山芋饼中。
如何捕捉鲜美的甘氏巨螯蟹
甘氏巨螯蟹根据打捞期或渔场的不同,其肉质或蟹黄的风味、颜色、质量大相径庭。
此外,到了寒冷季节,还可打捞到具有大量蟹黄的甘氏巨螯蟹。要想品尝鲜美的甘氏巨螯蟹,事先收集信息并做好预约工作可谓至关重要的方法。

想了解甘氏巨螯蟹!

甘氏巨螯蟹的奇特现象
令人感到奇特的是,打捞到的甘氏巨螯蟹很少出现雌雄混入的现象,基本都是单一的雌蟹或者雄蟹。如果是雄蟹就都是雄蟹,而如果是雌蟹则都是雌蟹。这可能是雄蟹和雌蟹不会一起行动的结果。
甘氏巨螯蟹的成长过程
据说甘氏巨螯蟹的成长速度缓慢。幼小的螃蟹每年要经过多次蜕皮,而慢慢长大后,其蜕皮次数也会随之减少。然后达到一定大小、年龄后,即会停止蜕皮。但是,每年都会打捞到几次身长达3m的甘氏巨螯蟹!
打捞甘氏巨螯蟹
甘氏巨螯蟹主要利用拖网渔船向深海海底撒网后,通过深海渔网进行打捞。拖网打捞的渔场水深达200~400米左右,可一起打捞到深海虾或深海鱼等(9月~5月)。
渔筐打渔时间金枪鱼头等饵食放入大渔筐中后,在水深400~600米的水底进行打渔。与拖网打渔相比,可在更深的海底进行打渔(打渔期短暂,12月~2月)。捕获的甘氏巨螯蟹与拖网打渔捕获的螃蟹也略有不同。

甘氏巨螯蟹菜单

深海鱼极其珍贵。
需要预约,有时可能需要根据当天的进货状况确定能否提供。
偶尔经过、询问进货状况或推荐菜肴后再确定菜单也是丸吉的一种佳肴品尝方式之一。

干蒸整只新鲜甘氏巨螯蟹!10,000日元(未含税)~25,000日元(未含税)

干蒸在户田港打捞的新鲜甘氏巨螯蟹,可品尝到柔嫩蟹肉和醇厚风味蟹黄的本店最具人气菜单。
蛋黄毫无流失、可保持鲜美风味的“整只干蒸”蟹。

完美干蒸!甘氏巨螯蟹全餐


※图像只是一例。

  • ・干蒸甘氏巨螯蟹
  • ・刺身
  • ・天妇罗
  • ・烤蟹
  • ・长腿虾(盐味或刺身)
  • ・红鲈鱼(盐味、生鱼片或水煮鱼)
  • ・甘氏巨螯蟹肉饼
  • ・甜品
2人份13,000日元(未含税)
3人份以上12,000日元(未含税)

※上述费用为人均费用。


刺身、油炸、烤制都很鲜美
刺身

口感清爽,可口。

天妇罗

甘氏巨螯蟹原本的鲜美风味和天然盐味打造绝妙的、浑然天成的口感。

烤制

甘氏巨螯蟹的鲜美风味得到浓缩,打造更加醇厚的口感。

甘氏巨螯蟹套餐4,800日元(未含税)~

甘氏巨螯蟹、船型装盘、醋拌凉菜、附带汤汁的价格合理的服务菜单。想要品尝甘氏巨螯蟹的顾客推荐品尝整只蟹。

甘氏巨螯蟹肉饼500日元(未含税)~

数量有限。加入大量甘氏巨螯蟹肉的蟹肉饼。口感香脆,鲜美风味可在口中回味无穷···值得推荐的一品。

甘氏巨螯蟹盖饭1,600日元(未含税)~

甘氏巨螯蟹、虾、深海船丁鱼、蔬菜等烹制的大型天妇罗超值菜单。

甘氏巨螯蟹肉粥800日元(未含税)~

季节限定。蟹味醇厚的蟹肉粥(需预约)。

甘氏巨螯蟹天妇罗2,500日元(未含税)~

甘氏巨螯蟹腿(2根)和蔬菜天妇罗拼盘(需预约)。


富士山が見下ろす駿河湾は、海の幸の宝庫

トロール漁

トロール漁の朝は早い。
日の出とともに漁が開始される。
深海魚はその名の通り海深く住んでいるので設置にも時間がかかります。

網にかかってるのは高足ガニをはじめ、ボッチ、赤エビやテナガエビなど。
数は少ないですが、あんこうやトロダコも獲れます。

獲れた魚はその場で仕分けされて陸へ水揚げされます。

鮮度抜群な素材の数々

駿河湾の恵みを知り尽くした旦那が、トロール船でとれる鮮度抜群な素材の数々をご紹介します。

高足ガ二

一番おいしい食べ方は蒸して食べること。その他に焼いて良し、天ぷらでも良しとどの食べ方でも美味しく頂けます。

ノドグロ(正式名称/アカムツ)

刺身、煮魚…どれをとっても絶品の味。この魚は、一般では数が少なく、口にする機会が少ないものです。丸吉では、トロール船から直接獲れたてを仕入れているので、ぜひご賞味ください。

ゴソ(正式名称/ハシキンメ)

グロテスクな見た目からは想像できないほど、あっさりとしたクセのないまろやかな味の白身魚です。

アブラゴソ(正式名称/マルヒウチダイ)

癖のない脂のある魚。高級魚として重宝されています。煮魚、焼き魚などを始めお寿司としても美味しいです。

手長エビ(正式名称/アカザエビ)

獲れたてを刺身にしますので、最高の鮮度がもたらす最高の味です。日によっては、活きた手長に巡りあえるかもしれません。

ボタンエビ

駿河湾の海の宝石といわれるくらい美しい姿で味も最高。少し値段は高いですが、一度は食べてみてほしい食材です。

本エビ(正式名称/ヒゲナガエビ)

加熱しても柔らかく、天ぷらや塩振り焼きは絶品です。刺身にしてもおいしいです。

赤エビ(正式名称/ツノナガチヒロエビ)

塩と酒を振りホイルで焼いて食べると、とてもジューシーでおいしいです。

メヒカリ

深海魚の中でもポピュラーなもので特にから揚げがおすすめです。

メギス(正式名称/ニギス)

高足ガニと一緒に獲れる、深海のキス。毎日トロール船から水揚げされる新鮮なキスは、刺身・煮物・天ぷらに最高です。


日本有数の深海魚のメッカ、駿河湾

近年、大注目されている深海魚料理は、見た目からは想像もつかないようなうまさが味わえると評判です。
日本有数の深海魚のメッカ、駿河湾で獲れた希少で絶品の深海魚、ぜひ丸吉でご賞味ください。

カワヤッコ(正式名称/ヒウチダイ)

刺身、煮魚…どれをとっても絶品の味。この魚は、一般では数が少なく、口にする機会が少ないものです。丸吉では、トロール船から直接獲れたてを仕入れているので、ぜひご賞味ください。

ノドグロ(正式名称/アカムツ)

グロテスクな見た目からは想像できないほど、あっさりとしたクセのないまろやかな味の白身魚です。

カガミダイ

獲れたてを刺身にしますので、最高の鮮度がもたらす最高の味です。日によっては、活きた手長に巡りあえるかもしれません。

とろぼっち(正式名称/アオメエソ)

駿河湾の海の宝石といわれるくらい美しい姿で味も最高。少し値段は高いですが、一度は食べてみてほしい食材です。

イバラモドキ

加熱しても柔らかく、天ぷらや塩振り焼きは絶品です。刺身にしてもおいしいです。

オオエンコウガニ

塩と酒を振りホイルで焼いて食べると、とてもジューシーでおいしいです。

トウジン(ゲボウ)

テレビでも紹介された深海魚。グロテスクな外観から想像できない、上品な味です。

ギンメダイ

甘く感じる刺身。非常においしいです。煮魚でも焼魚でも合います。

チゴダラ

鍋、フライ、天ぷらで美味しい深海魚です。

ハシキンメ(ゴソ)

グロテスクな概観から創造できないほど、あっさりとした癖のないまろやかな味の白身魚です。刺身、煮魚が美味しいです。

メギス

高足ガニと一緒にとれる深海のキス。毎日トロール船から水揚げされた新鮮なキスは刺身・煮物・天ぷらに最高です。

赤カサゴ

煮魚が美味しい深海魚です。

深海魚料理

深海魚はとても貴重です。
予約が必要だったり、その日の仕入れ状況によってお出しできるかどうか決まることも。
ふらりと立ち寄って、仕入れやおすすめを聞いてからメニューを決めるのも、丸吉の醍醐味の一つです。

うましの煮魚定食

新鮮な刺身と煮魚の絶妙なコラボレーション定食です。うまし(ひうちだい)は、地元でもめったに食べる事のできない貴重な深海魚です。

へだトロはんぺん一皿(2個入り)300円(税別)

戸田港で水揚げされた新鮮な深海魚を使った手づくりはんぺんです。

赤ムツ(ノドグロ)の煮魚

駿河湾で獲れた新鮮な赤むつの煮魚です。脂がのり、身が柔らかい赤ムツは、煮魚にしても絶品です。

とろぼっちのから揚げ1皿1,000円(税別)

深海魚の中でもポピュラーなもので、特にから揚げがおすすめです。

ゲホウの煮魚定食1,600円(税別)

ゲホウ(トウジン)は、見た目から考えられない程、美味しい白身の魚です。煮魚はとくに美味です。テレビでよく紹介される深海魚です。

ハシキンメの煮魚1,600円(税別)

ハシキンメ(ゴソ)は、比較的あっさりとして、美味しい深海魚です。煮魚、刺身が とても美味です。

ハシキンメの刺身1,600円(税別)

あっさりとまろやかな白身の刺身です。

赤むつ刺し

魚の女王「赤むつ」の刺身。駿河湾で獲れた新鮮な赤むつです。なんともいえない上品な脂の乗った贅沢な一品です。

ヒウチダイの煮魚一皿1,000円(税別)

貴重なヒウチダイは、煮魚にすると旨みがあふれ、絶品です。


カニ料理

高足ガニ(丸ごと蒸し上げ)10,000~25,000円(税別)

丸ごと蒸し上げにすることで、よりカニミソが溶け出さず、 本来の旨みが保たれます。

高足ガニ(一皿)6,000円(税別)~

ズワイガニ(一皿)2,000円(税別)~

高足ガニ定食4,800円(税別)~

高足ガニ、舟盛、酢の物、ライス、汁物の付いたリーズナブルなお値段のサービスメニューです。高足ガニを堪能したい方は、まるごと一匹をおすすめします。

磯料理コース

桜コース1名/6,000円(税別)~

舟盛、高足ガニ、サザエのつぼ焼き(焼きエビ付き)、手長エビ、煮魚、天ぷら、酢の物、ご飯、汁物

松コース1名/5,000円(税別)~

舟盛、高足ガニ、サザエのつぼ焼き(焼きエビ付き)、手長エビ、煮魚、酢の物、ご飯、汁物

竹コース1名/4,000円(税別)~

舟盛、ズワイガニ、サザエのつぼ焼き(焼きエビ付き)、手長エビ、煮魚、酢の物、ご飯、汁物

梅コース1名/3,000円(税別)~

舟盛、ズワイガニ、焼きエビ、煮魚、酢の物、ご飯、汁物

定食

丸吉定食2,000円(税別)

ズワイガニ定食1,600円(税別)

特上刺身定食1,600円(税別)

刺身定食1,000円(税別)

特上天ぷら定食1,600円(税別)

天ぷら定食1,400円(税別)

丼物

エビ天丼(汁物付き)1,400円(税別)

天丼(汁物付き)1,000円(税別)

カニ入り天丼(数量限定、汁物付き)1,600円(税別)

海鮮丼(汁物付き)1,300円(税別)

うましの煮魚定食 ※数量限定小1,600円 中1,800円(税別)~

新鮮な刺身と煮魚の絶妙なコラボレーション定食です。うましは、地元でもめったに食べる事のできない貴重な深海魚で、乾燥肌に効果があるオレンジラフィ―油を含んでいます。酢の物、ライス、汁物付き。

へだ御膳(※数量限定)2,500円(税別)~

限定メニュー

イカの刺身(一皿)1,600円(税別)

サザエのつぼ焼き(一皿)1,000円~1,500円(税別)

深海魚(トロボッチ)の唐揚げ1,000円(税別)

煮魚定食・焼魚定食時価

キンメの煮魚時価

赤ムツ(ノドグロ)刺身時価

季節の一品料理

伊勢エビの活き造り時価

アワビの活き造り(一皿)時価

刺身の盛り合わせ3,000円(税別)~

本エビの刺身(一皿)1,000円(税別)

本エビ塩焼き1,000円(税別)

赤エビ鬼殻焼き1,000円(税別)

手長エビ(アカザエビ)の刺身(一匹)1,600円~2,500円(税別)

メギスの刺身(一皿)1,000円(税別)

メギスの煮魚(一皿)600円(税別)


目の前が海という絶好のロケーション!

青空を映してきらきら光る水面や、神秘的な夕暮れ、美しく雄大な富士山…。
移り変わる海の景趣を楽しみながら、のんびりとお過ごしください。

食事処

2階にある食事処からは、戸田の海を一望でき、豪華な食事をお楽しみいただけます。
お食事を楽しんだ後は、お部屋でゆったりと寛いでくださいませ。

お部屋

落ち着いた雰囲気の和室です。
お腹いっぱい海の幸を堪能したら、畳の上でゆっくりと癒しのひとときをどうぞ。

お風呂

黒い石畳が特徴のお風呂場は、清潔な空間を心がけています。
旅の疲れを、じっくり癒してください。

大満足の朝ごはん

地元の新鮮素材を使っています。
一日の活力となる朝食は、ボリュームも満点です

施設概要

総部屋数和室3室、12名収容
チェックイン/
チェックアウト
午後3時/午前10時

料金

冬季(9月~5月)16,200円~
夏季(5月~8月)12,960円~


高速船で・・・

・三島駅→(JR東海線・3分)→沼津駅→(伊豆箱根鉄バス10分)→沼津港→(高速船・30分)→戸田港→(徒歩・5分)→当店

バスで・・・

・三島駅→(伊豆箱根鉄道・30分)→修善寺駅→(東海バス60分)→戸田駅→(徒歩・5分)→当店
・沼津駅→戸田駅→(徒歩・5分)→当店

お車で・・・

・沼津IC→(修善寺周り・80分)→当店
・沼津IC→(港・井田周り・90分)→当店


おすすめスポット

御浜海水浴場

戸田湾の内海にあるため波が穏やかで、海水浴にはぴったりのビーチ。
海水浴シーズンには、恐竜などの遊具も浮かびます。

戸田造船郷土資料博物館

御浜海岸近くにある資料館。
郷土資料館では日本初の洋式帆船戸田号の歴史などの解説があり、深海生物博物館は日本でも珍しい深海魚の博物館となっています。

温泉浴場壱の湯

温泉に浸かるだけでなく、美容と健康に効果があるお湯は飲用でき、買って帰ることもできます。

出逢い岬

天然の良港「戸田港」とそれをゆるやかに包む御浜岬。
正面は雄大な駿河湾、右手には長い裾野をたなびかせる霊峰・富士山がそびえ、そのすべてが一望できる最高のポイントです。

松城邸

戸田地区にある国指定の重要文化財(建造物)。明治6年に建造された擬洋風の住宅です。月に一度程度一般公開されています。


Japanese Spider Crabs

Japanese spider crabs inhabit the deep sea around the coast of Japan and are caught mainly by trawlers with their dragnet fishing.
The best way of cooking spider crabs to bring out their deliciousness is steaming and roasting in a covered pan. This helps the crab butter not to melt away from the crust and keep its good flavor and taste. The crab butter (also called crab innards) of spider crabs is exquisite for its rich and creamy taste, therefore makes the spider crabs very unique and different from all the other kinds of crabs.

You can enjoy the crab paw meat either by roasting it for more enriched taste or by sashimi for more natural and fresh taste. Tempura, the deep fried crab paw meat, is also recommended to enjoy its flavor mixed with its natural salty taste.
Since each individual spider crab has its own meat quality and taste, the keen eyes, reliable skills and the rich experience of the expert cooks make a big difference in cooking the crabs.
Above all, please come to Marukichi and try our spider crabs, the best Japanese spider crabs that you can ever meet.

“Fun to Watch , Tasty to Eat” Deep-sea Fish

There inhabit various kinds of deep-sea fish in Suruga Bay, the deepest bay of Japan, within its abundant ocean resources. Deep-sea fish such as rossy seabass which is excellent for sashimi or simmered dish, dottyback that is sweet and rich in nutritious fat and greeneyes which is best when marinated and deep fried are highly praised by many people that their unique appearances contradict their fabulous taste.
Please come and enjoy the rare, fine delicacy of deep-sea fish caught from the Suruga Bay, one of the most famous deep-sea fish spots of Japan.

Recommended Dinner Courses and Dishes

Cherry Blossom Course6,000yen/person

Sashimi of local fish served on a boat-like plate
Spider crab
Simmered fish
Tempura
Sashimi of freshwater prawn
Turbo cooked in its own shell
Rasted prawn
This course is a large satisfying meal with a wide variety of seafood.

※The picture is showing a course serving for two. We take orders of this course from two guests.

Kaisendon (Seafood bowl)1,300yen/person

Sashimi of various seasonal fresh seafood caught in Suruga Bay such as deep-sea fish and other local fish and prawn in sashimi are served on top of a bowl of vinegared rice.
Served with miso soup and vinegared dish.

Heda Set Meal2,500yen/person

This is a big set meal including tempura of the local spider crab, combination sashimi platter of fresh local fish, other small dishes, miso soup and a dessert.

Spider Crab Croquettes500yen/2 pieces

The croquettes are filled with plenty of spider crab meat. You can enjoy both the crispy texture of the croquette and the excellent flavor of the crab. Please note that the croquettes are limited in quantity.

Access


駿河湾の恵み